コラーゲンの摂取方法

コラーゲン不足になると、皮膚の張りや弾力が失われシワやたるみが起こります。皮膚のコラーゲンは20代がピークでそれ以降は減少していくと言われていますが、中には20代でもコラーゲン不足になっている人もいるようです。

サイトトップ > コラーゲン鍋

スポンサードリンク

コラーゲンの摂取方法

コラーゲン鍋


女性たちの間では、コラーゲン鍋が流行っているようです。最近では、スーパーなどでも手軽にコラーゲン鍋の素を購入することができます。

それぞれのメーカーごとに、ゆずの風味やしょうがの風味のもの、コラーゲンが一緒に入っているものや仕上げにコラーゲンゼリーを加えるものなどいろいろと販売されているのでお気に入りを探してみるのもいいでしょう。

日本ハムから発売されている「コラーゲン玉」は半球型のゼリーになっているので、お鍋以外のお料理に入れることもできます。

また、自分でも簡単にコラーゲンスープを作ることができます。作り方の一例としては、鶏がらとネギ、しょうがを約1時間半ほど煮込み、熱いうちに布巾で濾して、ゼラチンを混ぜます。後は、型に流して冷やし固めるとできあがりです。もちろんそのままでスープを作ることも可能です。

コラーゲンはお鍋のだし汁に溶け込んでいるので、シメに雑炊でおつゆごと食べつくしてしまうと、より効率よくコラーゲンを摂ることができるでしょう。

もっと手軽にお鍋でコラーゲンを摂りたいのなら、お料理に入れても味の変わらないパウダータイプのコラーゲンを入れるのもいいかもしれません。

特に肌の乾燥の気になるこの季節、美味しいコラーゲン鍋を食べてきれいになれるなんて、一石二鳥で楽しく美肌がキープできてしまうでしょう。

コラーゲンの摂取方法

MENU



スポンサードリンク