コラーゲンの摂取方法

コラーゲン不足になると、皮膚の張りや弾力が失われシワやたるみが起こります。皮膚のコラーゲンは20代がピークでそれ以降は減少していくと言われていますが、中には20代でもコラーゲン不足になっている人もいるようです。

サイトトップ >

スポンサードリンク

コラーゲンの摂取方法

コラーゲンの不足で現れる症状


コラーゲンは人間の体を作っているタンパク質のおよそ3分の1を占める大切なものですが、体内でも生成されにくく外からも取り入れにくいという特徴を持ちます。

コラーゲン不足になると、皮膚の張りや弾力が失われシワやたるみが起こります。皮膚のコラーゲンは20代がピークでそれ以降は減少していくと言われていますが、中には20代でもコラーゲン不足になっている人もいるようです。

お肌の張りを保ち、美しくあり続けたいと望むならコラーゲンが不足しないように気をつけなければいけません。

また、偏食や喫煙、睡眠不足、食事制限ダイエットなどはコラーゲン不足に陥りやすいと言われているので要注意です。

さらに、肌にしわが増えてきた、爪が欠けやすくなった、髪が少なくなってきた、膝などの関節が痛むなどの項目に思い当たる場合には、もうすでにコラーゲン不足の状態になっているかもしれません。

当てはまる項目が多いほど、コラーゲン不足の状態が進んでいると考えることが出来ます。コラーゲン不足を解消するには、コラーゲンを多く含む食品やドリンクなどを利用するのが有効です。

併せて、ビタミンCを摂るようにするとコラーゲンの吸収を良くし、体内コラーゲンの合成を助けてくれます。

コラーゲンの摂取方法

MENU



スポンサードリンク